どもりを克服させる方法!

 

どもりの悩みはこれで解決できる!


もし、あなたが本気でどもりを改善したい!克服したいと言うのであれば、
この改善プログラムを試してください。

6週間以内に300名以上の吃音者を救ってきた
特別プログラムがあなたの悩みを解決させてくれます。

1日わずか20分程度のある簡単な(しかし特別な)
エクササイズをご自宅で6週間行うだけでいいのです。


このプログラムを体験された方の声には・・・

  • 親友の結婚式のスピーチをどもることなく無事に終えました!

  • もうとっくに諦めていたのですが本当に改善するんて・・・

  • 就職の面接も、おかげさまで大成功でした!

  • 赤面や手の震えまで改善されました!

  • 「ありがとうございます」が電話でも違和感なく言えるように!

  • 結論から言うとスラスラ喋れました!

  • 今までとは違う、自信のついた自分があります。

など、多くの方が喜ばれています。

本気でどもりを改善したい!克服したいなら今すぐ確認してください。


もう、どもりの悩みはこれでサヨナラしよう!





どもり・吃音でお悩みの方へ!


どもってしまう方の場合、しっかり発言出来なかったり、
どもるのが恥ずかしく、何もしゃべらない傾向があります。

人生において大変に損をしています。

そこで、このサイトでは・・・

どもりを克服させる為の方法や知識などをお伝えしています。

先ずは、どもりの症状について確認しておきましょう。



どもりとはどんな状態?

どもりとは、吃音とも言うのですが、流暢に言葉が話せない状態のことです。


その症状としては・・・

・はじめの言葉が出にくい

・言葉がつまる

・同じ音を何度も繰り返す

・音を引き伸ばす


など、対話に苦労するような症状が起こります。

これは、コミュニケーション障害や言語障害の一種と考えている方もいますが、
殆どの場合、身体的な機能障害と言うよりも精神的な問題が大きく、
その問題の根を深くしているようです。

どもりの状態の具体例としては・・・

「ぼ、ぼ、ぼくは・・・」

このようにスムーズに言葉が出てこなかったり、

「わーーーーたしは」

などのように、音を引き伸ばしたり、言いたい言葉がつまり、
出て来なかったりします。

そして、これらに共通しているのは、単語の一部分において
言いにくくなると言うことです。

また、それとは違い、

「ぼく、ぼく、ぼくは」

このように単語全体を繰り返したり、言いたいことの前に
不必要な言葉が入ってしまう、言い直しを頻繁にするなどと言う
症状の人もいます。

どもりと区別がつきづらいことが多いのですが、
これらの症状は、どもりとは診断されない場合が多いようです。

吃音の一番の問題としては以下のようなことが挙げられます。

・自分のどもりが気になって人と話すことが怖くなる

・ひきこもりがちになる

・人付き合いを避けるようになる


など。


ただ、子供のうちにどもりが出てしまうと、
それが原因になり、いじめに発展してしま場合もあります。

あまりにも意識し過ぎてしまい、どもるのではないかと言う
不安感や恐怖感を訴える人も少なくありません。

場合によっては、どもりが原因でうつ状態になってしまうこともありますので、
重症化にならないためにも、早めにどもりを克服させましょう。